コロナ感染者急増432人・サバ州今日から学校閉鎖!INマレーシア

コロナ関連ニュースをまとめました

ドンドン増え続ける感染者 INマレーシア

10月5日、マレーシアは本日、新たに432人のコロナウィルス感染を発表した。マレーシアの一日の最高記録となった。

これらのケースのうち、429件はマレーシア国内感染であり、わずか3件は海外から感染であった。

声明の中で、保健局長タンスリDatuk Noor Hishamは、国内感染は409人のマレーシア人と20人の外国人が関与していると述べたが、残りの輸入ケースはそれぞれインド、クウェート、ミャンマーからの3人の外国人が関与している。

他の州が新しい場合を記録したのはセランゴール(34)、クアラルンプール(7)、テレンガヌ(5)、ラブアン(5)、ペラク(2)、プトラジャヤ(2)、ジョホール(2)であり、サラワク、パハン、マラッカ、ネグリセンビラン及びケランタンではそれぞれ1件ずつであった。

今日の時点でのわが国の累積症例数は12,340件であるが、80.7%の10,340件が回復または退院している。

現在活動中の2,336例のうち、32例が集中治療室(ICU)で治療を受けており、そのうち8例は挿管を必要としている。 サバ州では、57人(現地人54人、外国人3人)、Bangau-Bangauクラスター39人(現地人38人、外国人1人)、16人(現地人11人、外国人5人)、Benteng LDクラスター3人(すべて現地人)、職場スクリーニング3人(すべて現地人)、現地人が関与した重症急性呼吸器疾患(SARI)2人、コミュニティスクリーニング2人、局所的なインフルエンザ様疾患1人が発見された。

本日の432例の内訳

ケダの新しいケースは、215人の地元の人と9人の外国人を含むテンボククラスターからのケース、新しいバーシントククラスター(すべて地元の人)からの11の新しいケース、新しいジェラムクラスター(すべて地元の人)からも3つの新しいケース、Bah KetilとSungaiクラスターからそれぞれ1つのケース、および1人を介して検出されました。

サバ州の学校が閉鎖

10 月 5 日ニュース – 教育省(MoE)は、サバ州のコタキナバル、ペナンパン、プタタン地域の合計 122 校が明日から閉鎖されることを決定した。原文はこちら

同省は本日の声明で、小学校86校、中等教育学校25校、私立学校11校を閉鎖する決定は、10月7日午前12時1分に発効した3つの地域における条件付き移動規制命令(CMCO)の政府の実施を受けて行われたものであると述べた。

“MoEは、エリア内の122校を1日早く閉鎖することを決定した。

“CMCOエリア外の学校は、10月3日に発行された同省の声明で説明されている通り、通常通りに行われる」と声明は述べており、同省は最近のコロナウイルス急増に続く保護者の間での懸念されていた付け加えている。

同省は、学校にいる人々の健康と安全を確保するため、国家安全保障会議(MKN)や保健省と協力しながら、全国の状況を常に監視し続けると述べた。

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »