ペナンブリッジ・接触事故3人死亡 タンカーからアンモニアガス化学物質 201911月7日

(BRIEF CAPTION):Chemical leakage drill exercise at Penang Bridge./Picby:CHAN BOON KAI/The Star/24 October 2019.

2019年11月7日ニュース

交通量の多い時間帯 平日の午前10時に事故は起きた。

ペナンブリッジ近くで自動車と、バス、アンモニアガスを運ぶタンカーが接触事故を起こし、タンカーから「アンモニアガス化学物質の流出」し辺りは騒然となった。

アンモニアガスを運ぶタンカーは、タイヤが破裂したため突如制御不能になり、

バスに激突した模様。

(BRIEF CAPTION):Chemical leakage drill exercise at Penang Bridge./Picby:CHAN BOON KAI/The Star/24 October 2019.

接触事故に巻き込まれたバスの乗客17人は直ちにバスから降り、別のバスへ移動した、

さらに2次被害が発生、アンモニアタンカーの後続車 警察のトラックがタンカーに衝突し、タンカーから黄色い煙の噴出が漏れました。

トラックに乗車し後続を走行していた2人の警官がガスを吸い込んで亡くなりました。タンカーの運転手は現場で死亡し、バスの乗客17人が負傷した。

化学物質の流出に関連する主要な道路の緊急事態に対処するにあたりチームを配備し、調査をするため現場に急行しました。

原文記事はこちら

Language »