リゾート地 パンコール島Pangkor Island が免税島になる! 隠れ家リゾート地

この度2020年より パンコール島Pangkor Island?あまり日本人には馴染みのない島かもしれませんね。

ランカウイ島と同じく免税島になるという。

ペナン島では、GSTが6%も取られるうえ、レストランで食事をした場合は、

10%のサービスチャージもかかります。

パンコール島Pangkor Islandはサービズ税・sstも免税される。

パンコール島自体は、とても小さく、東西4.5 キロメートル

位。

バイクまたは、タクシーで簡単に1周

出来るほどの面積しかない。

島の主な産業は、主に漁業

(マレーシア)パンコール島が、ランカウイ島と同じく、免税ステータスを獲得する。4月16日ペラ州スルタン、ナズリン王が州議会開会式で明らかにしたところによれば、2020年1月1日から、パンコール島は免税島となり、売上・サービス税(Sales and Service Tax、SST)も免除される。マレーシア政府は2018年11月2日発表した2019年予算・税制改正案の中で、ペラ州パンコール島を免税地区に指定している。

パンコール島

パンコール島(マレー語: Pulau Pangkor)とは、マレーシアのペラ州ルムッ(Lumut)の対岸にある島。パンコール島とパンコールラウ島の2つの島からなり、アイランドリゾートとなっている。

パンコール島とは?

マレーシアの首都クアラ・ルンプールから比較的近い離島として知られ、週末などは国内各地から多くの観光客が訪れるパンコール島。世界有数の高級ビーチリゾートで知られるパンコール・ラウ島を沖合に眺めるパンコール島は、穴場的な庶民派ビーチリゾートとして愛されています。
本土側の港町ルムッから湖のような凪状態の海上をフェリーで進むこと約30分。バイクでのんびり走っても50分程度で1周出来てしまうほどの小さい島に約2万5千人もの人々が暮らす中、ビーチではのんびりと長期滞在する外国人観光客の姿も多く見られます。
多くの島民が住む一方で手付かずの自然も残る島では、野生の猿たちや日本では見られない野鳥が身近で見られ、6〜8月の満月の夜には、海亀の産卵風景が砂浜で見られる島としても知られます。

ペナン島からのアクセス

ペナン島からパンコール島へ行く場合、まずは
ジョージタウンからフェリーにて

本島のバターワースまで行く必要があります。

自家用車をお持ちの方は(ない方はgrabTAXI)バタワースまで車で行き、

ルムからフェリーでパンコール島へ行くことが可能!

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »