マレーシアで導入の砂糖税 甘いコーヒー・ミルクティー飲料水 肥満・糖尿病増!最新ニュース 2019年3月

2019年03月11日 の

ニュースです。

マレーシアでも、糖分の高い飲料水に対し

「砂糖税」課税を7月1日に延期することを決定したニュース。

この砂糖税、

マレーシア以外にも、

フランス、メキシコ、サウジアラビアといった国々で採用されている。

その目的は、健康維持、肥満率の減少と医療費の減少である。

【クアラルンプール】 連邦政府は、4月1日に実施を予定していた糖分の高い飲料に対する「砂糖税」課税実施を7月1日に延期することを決定した。飲料業界から上がった猶予期間を求める陳情を受けたもの。

砂糖税は2019年度予算案に盛り込まれたもので、国民の砂糖消費量を抑制するため、1リットル当たり40センの物品税を課すという内容。対象は100ミリリットル当たりの砂糖含有量が5グラム以上の飲料、もしくは12グラム以上のフルーツあるいは野菜ジュース。

関税局のスブロマニアム・トラシ局長は、業界関係者が必要な準備をするのに十分な時間を提供すると共に、関税局が各地で周知活動を行い、「1976年物品税法」に基づき飲料製造業者に免許を発行することになると述べた。

一方、政府は砂糖入り乳飲料に関して課税対象を100ミリリットル当たりの砂糖含有量を7グラムに引き上げることを決めた。

東南アジア続々「砂糖税」を導入

温暖な気候の東南では、飲み物に砂糖を大量に入れる傾向がある。

2018年4月からフィリピンも導入した砂糖税、

目的は、肥満率の減少と医療費の減少

この砂糖たっぷりの飲料水は、毎日飲むと

肥満につながる。

タイでは、2017年秋にすでに導入している。

背景には、糖尿病などにより生活習慣病を防ぐ。

それにより医療費の増加に歯止めをかけたいのが目的だ、

各国の政府が抱えている危機感は非常に強いのだ。

糖尿病が世界でトップ10に入っている

シンガポールでも、

2020年までに導入することで話が進んでいる。

マレーシアでMM2Hビザで合法で働く方法がある!


マレーシアMM2Hビザ凍結について・・・

海外在住者が悩む 日本語学習についての解決策

マレーシアペナン島 インタビュー選び方

マレーシア 激安で帰国したい 格安航空券の取り方

英語教育したものの、日本語がどんどん衰える子供!!これを読めば解決する○○なこと

海外在住ののお友達に買いたい日本のおみやげはこれだ!!

マレーシアから一時帰国へ日本へ 買い物リストはこれ!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »