若者就職難! 本日コロナ感染者589人 ボルネオ島北部のサバ州  In マレーシア

10月15日ー16日のマレーシアニュースをまとめました。

10月15日 コロナ感染者589人

クアラルンプール、10 月15 日(新華社) — マレーシアは昨日589人 の新規感染者を確認した。

記事はこちら

保健省のNoor Hisham Abdullah局長は記者会見で、新しいケースのうち3つは国外から持ち込まれたものであり、586人は局所的な感染であると述べた。

さらにこの日3人の死亡者が報告され、死者数は170人となった。

新たに報告された症例の大半はボルネオ島北部のサバ州からのもので、そのうち304人が同州で報告されている。

さらに409人の患者が回復後に退院し、治癒・退院した患者は12,014人となり、全症例の66.3%を占めている。

残りの5,945例のうち、103例は集中治療室に収容されており、そのうち31例は人口呼吸器が必要とされています。マレーシアでは新たに589件のCOVID-19感染が報告され、全国の合計は18,129件になったと保健省が木曜日に発表した。(Photo by Chong Voon Chung/Xinhua)

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

4つのクラスター発生

プトラジャヤニュース:木曜日(10月15日)に4つの新しいコロナウィルスクラスターが報告され、現在いまだ活動中のクラスターの総数は75になりました。記事はこちら

木曜日(10月15日)保健局長のTan Sri Dr Noor Hisham Abdullahは、Bah Pasirクラスターと呼ばれる新しいクラスターの一つがネグリ・センビランとプトラジャヤの両方に関与していると述べた。

“この新しいクラスターは、ネグリ・センビランのポート・ディクソン地区とプトラジャヤの連邦準州が関係しています。

“このクラスターの症例は、サバ州から帰国した個人を対象としたCovid-1PCR検査で検出されました。

また別のクラスター、HuluペラクのBah Pengkalanクラスターでは、サバ州への旅行履歴のあの方から検出された

コロナ禍 マレーシアの労働事情について

ペタリングジャヤ:マレーシアの労働事情について

マレーシアの若者は、継続的に高い教育水準レベルを達成しているにもかかわらず、資格に見合ったスキルを必要とする仕事に就くことができない状態となっている。記事はこちら

シンガポールのYusof Ishak Institute(Iseas)の上級研究員であるLee Hwok Aun氏は、この問題に関すして講演し、若い世代はサービスや販売、生産ライン、事務職、単調な労働作業としての雇用が優勢になっていると述べた。

“2018年には、15歳から24歳までの32.7%が高校卒業資格を取得していたが、25歳以上では24.7%。これらの数字のうち、専門職に就いている人は6%未満だったと李氏は述べた。

リー氏は、多くの有能な若者が、資格を必要としない仕事に就いており、生産的な潜在能力を最大限に活用できていないと付け加えた。

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »