ペナンジョージタウン レッドゾーンに・・・コロナウィルス 刑務所クラスター

本日のペナンのニュースをまとめました。

ペナン刑務所クラスター

GEORGE TOWN:ガオールロードにあるペナン刑務所は、今日から移動規制強化命令(EMCO)の下となります

声明の中で、一般人が受刑者を訪問することは許可されず、職員は、一定の条件が満たされた後にのみ入ることができると述べた。

しかし、なぜEMCOが施行されたのかについては述べず、先週の死亡事件に加えて、最近18件のコロナウィルス事件の報告を受けました。

部門に従って、活動は刑務所区域およびコミュニティ活動、スポーツのレクリエーションおよび祝祭のような厳しく禁止された。

家族、弁護士、大使館や非政府組織の職員による訪問は厳しく禁止されている。

19人の受刑者は、10月5日に死亡した85歳の男性を含め、コロナウィルスに感染している。

Bernama紙は、地元の刑務所長の話を引用して、25歳から65歳までの他の18人は安定した状態であると報じた。

また、2,300人の受刑者と20人の刑務所職員がテストされたことを報告し、すべての職員の結果が陰性であったと述べた。ジョージタウンでも現在159件の症例が報告されています。


ペナンはレッドゾーン

ペナンでは、10月5日に85歳のマレーシア人受刑者が亡くなった後、新たなクラスターとして知られる「Remand Cluster」を報告した。マレーシア人受刑者はCOVID-19の陽性反応を示した。それ以来、ペナンでは毎日のようにこのクラスターで新たな症例が急増している。2020年10月12日現在、マレーシアでは新たに563件のケースが発生しています。

刑務所内でのクラスターによりジョージタウンは正式にレッドゾーンとなりました。レッドゾーンとは、過去14日以内に41件のCOVID-19以上の症例が報告された地区を意味します。”事件には囚人が関与していた。

連邦政府に対し、ジョージタウンのジェイルロード沿いにある拘置所だけでなく、拘置所の職員宿舎にも、移動規制強化命令(MCO)を課すよう強く求める。

ペナンのChow Kon Yeow首席大臣が声明、今日、州刑務所局は、受刑者が感染性のCovid-19で死亡したことを受け、再拘留命令を含むすべての審理の延期を求める裁判所に手紙を書いたと述べた。

一方、ジョージタウンでも現在159件の症例が報告されています。ペナンで増加しているケースでは、私たち全員が自分自身や家族を安全に保つ責任があります。

不要不急の外出は避けましょう。また、どこにいても、手洗いをし、社会的距離を保ち、マスクを着用してください。

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »