マレーシアコロナ感染者 ペタリン地区の298校が閉鎖

本日のニュースのまとめ

マレーシア学校298項閉鎖

ニュース10月11日 – 保健省(MOH)の発表でコロナウィルスのレッドゾーンとして宣言されているセランゴール州ペタリン地区内のすべての学校は、明日から10月25日まで閉鎖されます。

教育省(MOE)は、本日の声明で、閉鎖には298校の小中学校だけでなく、地区内の専門学校や私立学校が含まれていると述べた

影響を受けた学校のリストは、同省のウェブサイト(www.moe.gov.my)や公式ソーシャルメディアのプラットフォーム上で随時更新されるという。

声明によると、両親や保護者は、学校や専門学校の寮生活をしている学生が帰宅することが許可されています。 学生はまた、寮に残ることも可能です。食品や飲み物は、期間中、学校に支給されます ”

MOE は学校の閉鎖の期間の間に、校長および教師がオンラインレッスンを遂行することを保障すると述べた。原文はこちら

シンガポールとマレーシア コロナ?それとも経済?

シンガポール/クアラルンプール–COVID-19によって深刻な被害を受けたシンガポールとマレーシアは、密接な関係にあり隣国である両国、経済の活性化に意欲的である。しかし、前者シンガポールは、再開を加速させようとしているが、後者マレーシアは、別の感染症の波を封じ込めようと奔走している。

両者の違いは、このウイルスに対処するための永続的な課題と、健康と経済の両立の難しさを浮き彫りにしている。

シンガポールでは日曜日に新たに10人のコロナウイルス感染者が確認され、11日連続で20人未満の感染者が確認された。低い数字は、世界とのリンクを再確立するために都市国家を奨励しています – その経済を維持するために必要な貿易と旅行のハブのリンク。

木曜日に、シンガポールはベトナムとオーストラリアからの一般旅行者を許可し始めた。ブルネイに続き、シンガポールのリストのニュージーランドはインバウンドの訪問者のためのグリーンゾーンの国である。

この4カ国の国境規制は相互には解除されず、実際の入国者数は当分の間、制限されることが予想されている。それでもシンガポールは、こうした一方的な再開には意味があると考えている。

“シンガポールのCOVID-19の状況は、過去数ヶ月間の最も困難な状況の後、現在は安定しており、経済の大部分は業務を再開している」と、Heng Swee Keat副首相は先週の月曜日に国会で述べた。

対照的に、マレーシアでは、3ヶ月間の比較的安定した状態が続いた後、ここ2週間でCOVID-19の新たな症例が急増している。マレーシアでは、パンデミックが始まってから9月20日までに10,219件の陽性を記録していた。それ以来のおよそ3週間で、それはほぼ半分の数を記録した — ほぼ5,000 の場合 — 日曜日に15,657 に達するために。

シンガポールとマレーシアはアジアで最も打撃を受けた経済国の一つであり、第2四半期の国内総生産はそれぞれ13.2%と17.1%減少した。急な低下は海外からの旅行者の欠乏が部分的に原因であった。両国は3月に世界への国境を閉じた。

シンガポールとマレーシアは経済的にお互いに大きく依存しているので、何千人もの労働者がマレーシアに住んでいて、通常は都市国家に通勤しているので、8月に相互の国境を再開しました。これは一部の労働者が仕事に戻ることを可能にし、慎重な制限の下で重要な出張を可能にした。原文はこちら

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »