コロナウィルス 第二波!!感染者が260人…シンガポールとの国境を完全に再開

10月1日 ニュース記事クアラルンプール:マレーシア当局は、木曜日(10月1日)

260件の新たな感染が報告された、これは、コロナウイルスの新たな波(第2波)を警告、パンデミックが始まって以来の最大の急増となった。ニュース記事はこちら

感染症の急激な増加は、州選挙のためにサバ州を訪れたのち急増している。全国の感染者数は現在11,484人、死者数は136人となっている。

木曜日に報告された新たな感染者のうち1人を除いて、すべてが国内感染であった。

マレーシアの保健省は、シンガポールとの国境を完全に再開することを検討しています。

マレーシアは過去に、6月4日に277人の感染者を報告した。 残りのケースの大半は、ブキットジャリル移民拘置所から外国人の間で検出されたが、これらのケースのうち4つだけが局所的に送信されました。

“新たな波(第二波)の始まり”

Noor Hisham博士は、ケースの増加は “新しい波の始まり “と見ることができると述べ、ソーシャルディスタンスを保ち、必要な場合を除き、自宅にとどまるよう市民に促した。

またマレーシアは国境を開くことを急いでいない、と首相ムヒディンは述べた。
局所的に感染した症例の内訳を詳しく説明すると、Noor Hisham博士は、サバ州が118件と引き続き最も多い数字を記録していると述べた。これに続いて、ケダ州が98件、セランゴール州とクアラルンプールがそれぞれ13件となっている。

他の場合はジョホール、プトラジャヤ、テレンガヌ、Perlis、マラッカ、パハン及びペナンで検出された。

ケースの最近の上昇は、少なくとも2 人の政治家がサバ州で選挙運動をしている間にコロナに感染、政府の批判を促している。

同州への渡航と関連したケースは今週、マレーシアの13州すべてで報告されている。

マレーシア西部のペナン州では、教師がサバ州での選挙運動中に夫である政治家に同行した際にCOVID-19に陽性反応を示したため、600人の生徒が検査を受けるよう命じられたと、地元メディアが報じています。

保健省と他の関連機関は、全国的なCOVID-19の拡散を抑制するためにあらゆる努力をしていきます。すべての関係者の協力が非常に必要とされている」と述べた。

また、新たに4つのCOVID-19クラスターが確認されました。それらはセランゴール州のJalan Meruクラスター、サバ州のJoo Hwaクラスター、プトラジャヤ州のSelasihクラスターである。

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »