マレーシア 就労雇用パスビザ大幅値上げ!253%(Employment Pass) 滞在パス(Dependent Pass)

外国人の就労ビザにおいての申請費用がな、なんと

253%も値上げされるというニュース

MM2Hも年々条件が厳格化していますし、今回の駐在員の

雇用パスにおいても外国人に対し厳しくなっていますね

マレーシアにおける外国人就労ビザにおいては、

駐在のために長期滞在しているまたは、

就労のための雇用パス(Employment Pass)RM300→RM1060

(配偶者や子供(18歳未満)の滞在パス(Dependent Pass)RM70→530)

短期就労 プロフェッショナル・ビジット・パス(Professional Visit Pass)が

あります。

この変更は、2019年5月15日に発表されて、6月から変更となります。

わずか25日で!

こりゃ現場が一番混乱するでしょうね。。。

突然変更することはたびたびマレーシアではあります

今年2018年の9月、休日が2回も変更になったのを皆さんは知っていますか?

到底日本では考えられない出来事でしょうが、マレーシアはあるのです。

カレンダーにすでに印刷してある国民の祝日が突如変わるマレーシア

2019年05月15日 17:40 JST配信

【クアラルンプール】 外国人専門職の就労ビザの申請費用が6月から大幅に引き上げられる見込みだ。華字紙「星州日報」が報じた。

出入国管理局外国人移民サービス部(ESD)の発表によると、外国人の企業駐在員などが通常取得する雇用パス(Employment Pass)の申請費用はこれまで300リンギだったが、6月から253%増の1,060リンギになる。また雇用パスをもつ外国人専門職の配偶者や子供(18歳未満)の滞在パス(Dependent Pass)もこれまでの70リンギから530リンギに大幅に引き上げられる。

Language »