ペラ州テルク レストランで麻薬成分ケシの実 客から「幻覚がみえる」マレーシアニュース 2019年3月

マレーシアニュースです

2019年03月03日

コチラのニュースは、

ペラ州テルク・インタンにあるマレー食堂

で起きた。

複数の客が幻覚がみえるなどの症状を訴えた。

レストランの料理に麻薬 ケシのみ成分が検出された。

マレーシアへの留学、移住をお考えの方は知っておくとよいでしょう。

マレーシア麻薬規制は、世界の中でも非常に厳しい、

それは、外国人・観光客も例外ではないのです。

危険薬物法によると、

麻薬などの危険薬物の違法売買は死刑にあたります

所持だけでも最高で無期懲役の重刑が科せらますので、十分に気を付けましょう。

2009年マレーシアで実際に起きた

事件

覚せい剤3.5kgを密輸した日本人女性が逮捕された話は日本でもニュースになっていました。

1審、2審、最高裁の末

死刑判決が確定。

2019年03月03日 07:55 JST配信

【テルク・インタン】 客から「幻覚がみえる」との訴えが上がっていたペラ州テルク・インタンにあるマレー食堂が同州保健局と警察の家宅捜索を受け、調理人1人と調理補助の2人が麻薬使用の容疑で逮捕された。3人とも麻薬の陽性反応が出たという。逮捕者のうち一人はバングラデシュ人だった。

捜索を受けたのは「スルタナ・ナシ・カンダル」レストランで、告発した客らは17日に同店を訪れて食事をしたが、食後に幻覚や疲労などの身体の異常を感じて届け出た。レストランのキッチンではケシの実が入った袋が見つかっており、料理の中にケシの実の成分が入っていたとみられている。

警察はレストランにあったマトンカレーやフライドチキン、もやし、御飯などを押収し、化学部で分析を急いでいる。

目指せノマド族 文章を書いて副業をしよう!!

海外在住ののお友達に買いたい日本のおみやげはこれだ!!

マレーシアから一時帰国へ日本へ 買い物リストはこれ!

マレーシア MM2Hビザ引き続き凍結・新規は受付できず!!!

マレーシア移住 ビザランvizarunできる?VISAなし滞在

マレーシア 学生ビザに大きな変更!学生ビザに保証人が必要?

あかちゃん連れペナン旅行にお勧めホテルはこちら

ジョージタウンでおすすめのホテルはこちら

ペナン旅行で絶対持っていきたいもの

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »