マレーシア でビザランは?入国拒否 クアラルンプールで観光ビザの延長はできない

マレーシアのビザランについて!

ヤフー知恵袋や他の質問サイトで東南アジアのビザランについて質問してる方を目にします。

マレーシアでの2019年現在でのビザランの状況について私の知っている範囲内でお教えします。

2018年頃までは、ペナン島からタイのプーケットやシンガポールへ日帰りまたは1泊し、一度マレーシアを出国の後入国するビザランをしてる方々おりました。そして難なくビザランできておりました。

しかし、ハティール現政権に変わって以降イミグレーション内も風向きが変わり年々、ビザランが厳しくなっております。

3歳以下のお子さんをお持ちで母子留学をされている方々、マレーシアで隠居生活をされている方々でMM2Hを取得していない方はビザランが必要となるでしょう。

入国管理の担当者によって判断が違うところがある。

以下を参考にして下さい。

観光ビザ(mm2・学生ビザ・ガーディアンビザなし)を取得し、90日の滞在後ののちマレーシア入国は、2週間から1ヵ月の許可しかおりない。

出国後再度マレーシアに入国するのだから90日の延長される?といううまい話はないのである。

再入国前する場合は、一度自国日本へ戻り、最低でも1か月以上経ったのちが望ましい

観光ビザの場合復路の航空券所持が望ましい。

観光ビザの場合、片道航空券しかもっていない方は、航空会社や入国管理局から拒否されることもある、当日出発カウンターにて航空チケットを購入を余儀なくされた方もいるようだ。

ですからLCC航空券で捨てる覚悟で往路分のチケットを予約するのが望ましい。

先ほども書きましたが、運が良ければ、2回目のマレーシア入国で90日間の滞在許可が貰える場合もあるのです。実際にそういう方もいます。

運が悪いと、上記のように、最悪の場合2週間の滞在許可しかもらえないということも念頭に置く必要があります。

何年もの間、ビザランをしていた日本人の方が突如2019年入国拒否をされたという事例も聞いております。

今まで何ら問題なく入国ビザランできていても、マハティール政権以降、ビザランは通用しなくなってきてます。

こんな質問記事を見つけました

仕事内容がオンラインでできるため、日本を離れマレーシアに1年ほど移住したいと検討しています。

長期滞在ビザ(MM2H)の取得条件が厳しいので取得なしで現地のコンドミニアム

を借りたいのですが、ビザなしでコンドミニアムを借りることは可能でしょうか?

現地のコンドミニアム賃貸状況に詳しい方がいれば、教えてもらいたいです。

期間中はビザランをしようと思っています。(1年ほど住んだら日本に戻ろうと思っています。)

マレーシアでコンドミニアムを借りるのは可能です。

厳禁そしてパスポートがあれば何の問題もありません。しかしコンドミニアムの契約は最低でも1年です。観光ビザで滞在では3か月おきに日本へ帰り・・・再度マレーシアへ入国

これを繰り返しながら生活することになるでしょう。

マレーシアでのコンドミニアムを借りるのは可能ですが、

もしマレーシアから入国拒否をされたときが問題だと思います。

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »