マレーシア ペナン島・運転の荒さワースト1 事故率1位

ペナン島の運転の荒さはマレーシアナンバーワン

マレーシアは交通事故が多い国です。
その中でも、クアラルンプール大都市が事故率が高い!
というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、

そこは違います、

マレーシアワースト1はペナン島なのです。

車の運転 日本との違いについて

日本との違い

①ペナンは信号が極端に少ない
、一方通行がとにかく多い 直進や右折は別信号のため信号に
引っかかるとかなり待つ。

①ウインカーを出さずに車線変更 まるでカーレース状態
②バイクの左右割り込み、真ん中走行
③歩道信号がないため歩行者が好きな所で横断
④接近運転  車線を無視、というか車線がない場合が多い
蛇行運転の車が多い
⑤一時停止を皆無視

蛇行運転が多いので前方だけではなく、常に後方、右側、左側を
意識して運転しなければならない。

日本に比べ、いや比べてはいけないのかもしれません。
運転マナーはかなり悪いです。

運転事故について

この一年余りで、私は車の接触事故をはじめ、バイクと車の
事故。
負傷者が道路で倒れている光景は、4回も見ております。

それほど、事故が多いのです。

事故の運転手同士で大声でもみ合っている、

事故にあったら相手の情報
(名前、IC番号、連絡先電話番号、勤務先、免許証)
を必ずメモにして、
話し合いで折り合いがつかない場合、
警察に連絡(999)現場に来てもらい、
事情徴収を受けるとされています。

しかしながら、地元の人の話では警察が来るまで1時間かかることもあるようです

24時間以内に通報書(Police report)を 提出なければならない

の運転の荒さはマレーシアナンバーワン

マレーシアは交通事故が多い国です。
その中でも、クアラルンプール大都市が事故率が高い!
というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、

そこは違います、

マレーシアワースト1はペナン島なのです。

車の運転 日本との違いについて

日本との違い

①ペナンは信号が極端に少ない
、一方通行がとにかく多い 直進や右折は別信号のため信号に
引っかかるとかなり待つ。

①ウインカーを出さずに車線変更 まるでカーレース状態
②バイクの左右割り込み、真ん中走行
③歩道信号がないため歩行者が好きな所で横断
④接近運転  車線を無視、というか車線がない場合が多い
蛇行運転の車が多い
⑤一時停止を皆無視

蛇行運転が多いので前方だけではなく、常に後方、右側、左側を
意識して運転しなければならない。

日本に比べ、いや比べてはいけないのかもしれません。
運転マナーはかなり悪いです。

運転事故について


この一年余りで、私は車の接触事故をはじめ、バイクと車の
事故。
負傷者が道路で倒れている光景は、4回も見ております。

それほど、事故が多いのです。

事故の運転手同士で大声でもみ合っている、

事故にあったら相手の情報
(名前、IC番号、連絡先電話番号、勤務先、免許証)
を必ずメモにして、
話し合いで折り合いがつかない場合、
警察に連絡(999)現場に来てもらい、
事情徴収を受けるとされています。

しかしながら、地元の人の話では警察が来るまで1時間かかることもあるようです

24時間以内に通報書(Police report)を 提出なければならない

ペナン島で役立つ旅行アイテム

マレーシア全般に言えること、

どんなに良いホテルに宿泊していようが、

部屋についているローカーは当てにしてはいけない!

実際に知人は、部屋のロッカーで現金を

盗まれたという話も聞いています。

私は基本的に、大きなスーツケースの中にパスポートや

貴重品はしまいます。

ビーチ沿いのプールでは、これが絶対に役立ちます

日本のようにビーチのように、

荷物をおきっぱななしで泳ぎにいくということが

通用するのは日本だけです。

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »