MR.DIY フードコートへはQRコードスキャンしてから入店!!が必要 

今朝久しぶりに子供たちの文房具用品を購入しにMRD.I.Yへ行ってきました。

ペナンタンジュントコンテスコ 以前は入り口は、ケンタッキー・フライド・チキン側のみで入り口で検温、大行列ができていましたが、現在はマクドナルド側の入り口も開いてるんですね、

混雑は全くない。

DIYの入り口でソーシャルディスタンスを保ちつつ並んでいると、何やら皆入り口付近で

スマホを提示して店員に何か見せてる????

真横にあった張り紙を見るとなにやら、

アプリをダウンロードしてQRコードを読み取る??のか?

QRコード??どこから読み取ればいいの?かわからず

前のマレー女性に聞くと親切にすべて教えてくれた。。。

WeChatや Whatsupからも読み取れるというのでWhatsupで

取り込もうとしましたがQRの読み取り方が分からず、、、

急いでQRコードアプリをダウンロード

QRコードリーダー - QRコード読み取り

QRコードリーダー – QRコード読み取り

Takashi Wada無料posted withアプリーチ

これでDIYにあるQRコートを上記のアプリで読み取ると、

あとは、名前と電話番号を記入するだけです。

このシステムは、クイーンズベイモールやガーニーパラゴンのフードコートなどでも提示しなければならいようなので、事前に準備しておくと私のように焦らずに済むかもしれません。。。

それにしてもマレーシアの方々困っている人がいると皆親切に助けてくれる~

有り難いことです。

ちなみにお隣のテスコでは、QRコードではなく、用紙に名前と電話番号を記入しての入店です。

以下ニュース記事

5月15日、チョウコンヨー氏は、5月18日以降、すべてのペナンの飲食店が店内での食事が可能となった。

それにあたり、万が一感染者が発生した場合すぐに追跡できるというわけですね、

PGCareは、顧客がQRコードをスキャンし、情報を入力してチェックインするという3つの簡単な手順のみが必要であると述べました。

「このシステムにはwww.pgcare.myまたはwww.penanglawancovid19.comからアクセスできます」

このシステムを使用することにより時間が節約でき、個人情報の安全も確保ができる。

情報にアクセスできるのは州政府のみであり、

事業所や他の人はこれらの情報にアクセスできませんと言った

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »