ペナンで死亡事故・マレーシアでは遺体を道路に放置されるビックリな現実

2019年12月1日の記事

BALIK PULAU:午後、レブフラーヤトゥンのリムチョンユー高速道路の高架区間の道路を

滑走路灯台にバイクが衝突し載っていた運転手がコントロールを失い男性が死亡しました。

この運転手である男性は、スンガイルサ出身の31歳のノーアズリシャリフハッサンの遺体が、衝突の影響により2つに切断された。

南西地区警察署は、通報を受け午後2時10分頃に現場に駆けつけたが、すでにこの男性は死亡していた。

この男性は、バトゥマウンに向かう途中、高速道路走行中スピードの出し過ぎ?によりバイクの制御を失い、道路の右側に滑り落ちた、そこにあった道路の仕切りのランプポストにぶつかって2つに切断されたようだ。

即死だった。。

原文はこちら

上記に原文がありますが、原文には事故に合われた方の遺体がモザイク付きで掲載されています(閲覧注意)モザイク付きではありますが、私には信じられない衝撃的な画像です。

また、警察の方が駆け付け、現場で作業をされている方と救急車両がそこに止まっています。

しかし、だれもそのご遺体を収容することもなく、ご遺体は、道路に放置されたまま!

3車線ある道路のうち2車線は事故のため規制され、残りの1車線をのろのろ走行する車~。。

そしてそこには布さえもかけられていない無くなられた方の遺体が道路に無造作に放置されている状況・・・・

実は、マレーシア交通事故のニュースを見るとこのような画像は度々目にします。。。

その時私はこう思った、万が一自分が?子供が?旦那が?このような事故に合い命を落とすことがあったとしたならば、このような扱いを受けるのか・・っと

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »