マレーシアペナン州でプラスチック容器の完全禁止 髪ストローについて

マレーシア ペナン州では、2021年7月から使い捨てプラスチック容器の完全禁止の実施を目指すことを発表した!

他国を調べてみるとフランスは、2020年1月1日から

カナダは、2021年にプラスチック容器の完全禁止を導入する方針を表明した。

では、日本はどうだろう?

調べてみると、 日本は、人口一人当たりに使用するプラスチック容器、包装のゴミ量は、アメリカについで世界2位だ。日本は使い捨てプラスチック大国と言えるでしょう、

日本では、丁寧に包装することが最上級のおもてなしサービスという考え方があるその一方で、消費者は、本当にそこまでの包装を必要としているか?という疑問も生まれる。

実際に海外から日本に訪れる旅行者は、「やりすぎ」だという意見も多数あるのだ。

例えば土産物のお菓子 箱は中身が見えぬよう綺麗な包装されている、

またコンビニで購入した「ペットボトル1本」、「ガム1個」についてもレジ袋に入れて渡されることがある。

エコに対する意識を上げる必要があるのかもしれませんね。

2021年7月より実施のようですが、ペナン市内のカフェでは早くもプラスチックストローを使用するお店は減っています。

変わりに紙ストローを使用 しかしデメリットもある。

30分~1時間が経つと飲み口部分がふやけてしまう。

またお子さんには不向き。ガジガジストローを噛みちぎることで誤飲の恐れがある・・・

紙の成分が飲み物に混入してしまう恐れがある。

ペナン州は、2021年7月から実施することが決まっている。同州環境評議会のピー・ブーンポー議長が明らかにした。

使い捨てプラスチック禁止措置は、来年1月から教育的指導を開始し、同年7月からは口頭による警告を開始する。その後、2021年1月にはソフトな取り締まりを開始し、7月には本格的な取り締まりを開始する。罰金額についてはまだ検討段階にある。同州グリーン評議会がプロセスを監督し、同州環境評議会に勧告を行う。

ピー議長は、2018—2030年の使い捨てプラスチック・ゼロに向けた連邦政府のロードマップに基づいたものだとした上で州の住民らに対する周知徹底に18カ月あれば十分との考えを示した。

Language »