マレーシア 食事宅配サービスfoodpanda・GrabFoodの給料が低いストのニュース 201910月1日

2019年10月01日 に配信されたニュース

フードパンダfoodpandaやGrabのデリバリーサービスGrabFoodといった宅配業者

フードデリバリーのバイクを運転するドライバーを見かけない日はないですよね。

先日も車を運転中GrabFoodのバイクが私のサイドを横切った。

ガソリンスタンドからメイン道路に出ようとした車とグラブフードドライバーが接触、

「ドガーン」!!

車とGrabFoodのバイクドライバーが激突。幸いバイクドライバーに大きなケガはなさそうでしたが、荷台に積んだヌードルの汁がダダ洩れ。

バイクドライバーの運転がかなり荒い。。早く宅配し次の注文を受けたいその一心で

彼らは働いているのだろう…

今朝のマレーシアニュースの記事を見て私はそう思った。

ニュース記事

これまでは実積に応じて配送員を5ランクに分け、時給4リンギに加えて1回当たりの配送料3—5リンギ、週末は時給5リンギが支払われていた。しかし新スキームではランクを6つに分け1回当たりの配送料を4.50—7リンギに引き上げるものの、時給を基本廃止し60時間毎に100リンギ支払うという内容となっている。以前のスキームでは週1,000—1,400リンギの収入があったものの、新スキームでは週396—630リンギしか得られなくなったという。

平日

時給RM4(約100円)

一回当たりの配送料RM3-5(約70円~120円)

週末は時給あたりRM1アップするようだが、、、これはあまりに低賃金だ。

参考までにマレーシアでの平均給料はこちら

マレーシア最大の銀行員MAYBAN〇のお給料は、

年収RM65,000(月RM5,400)

初任給がRM2500~RM2800

平均サラリーマンの月収がRM3,000

オンライン食事宅配サービス「フードパンダ」が発表した新たな賃金スキームに反発して、バイク配送員200人以上が9月30日、国内2カ所で抗議のストライキを実施した。

クアラルンプール(KL)では午前11時ごろ、サウスゲート・チェラスにある「フードパンダ」本社前に首都圏クランバレーの配送員100人ほどが集まり、午後2時までストライキを実施した。サバ州コタキナバルのパダン・バンダランでも午前8時に100人が集まり、6時間にわたってストライキを実施した。

配送員らは新たな賃金スキームの撤回を求める声を上げ、「注文を受けない」意思表示としてスマートフォンを置いて抗議の意思を示した。会社の出方次第ではネグリ・センビラン州でも抗議のストライキを実施する予定だという。

これまでは実積に応じて配送員を5ランクに分け、時給4リンギに加えて1回当たりの配送料3—5リンギ、週末は時給5リンギが支払われていた。しかし新スキームではランクを6つに分け1回当たりの配送料を4.50—7リンギに引き上げるものの、時給を基本廃止し60時間毎に100リンギ支払うという内容となっている。以前のスキームでは週1,000—1,400リンギの収入があったものの、新スキームでは週396—630リンギしか得られなくなったという。

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »