東南アジア旅行!これがマスト日焼け止め!紫外線対策・焼かないための塗り方のコツシミ肝斑に

日本では春ごろから本格的に紫外線商戦が始まりますね!

東南アジア マレーシアでは年中日差しが強いので365日紫外線対策が必要となります。

そのため冬に日本に一時帰国した際ドラッグストアには控えめに日焼け止めクリームが置いて

あるだけで夏ほどの選択肢がない!

もちろんオンラインでお求めの方はそんな心配もご無用ですね。

私は、一年中きっちり日焼け対策をしているつもり?ですが・・・

「ちゃんと日焼け止めを塗ったのに焼けてしまった」気が付いたら

シミが増えている‥‥

調べると正しい塗り方があるというのだ。

また最新日焼け止めクリームなどもご紹介します。

これ以上シミを作らない!焼かないための塗り方のコツ

1.適量をしっかりぬって!
ここ最近の日焼け止めクリームって伸びが良いものが多いです。

それにより塗っているつもりでも使用量が足りていない方が多いようです。

日焼け止めの使用量をしっかり守って塗りましょう。

足りないと、紫外線防御の効果は半減します!

クリームタイプであればアーモンド1粒目安

乳液タイプなら500円玉一つ分

2.保湿ケアをしっかりと!

朝、保湿ケアをしっかり行ってください。

焼け止めを塗るからと言って基礎ケアを怠ってはいけません。

化粧水や乳液でしっかり肌に保湿を与えてから日焼け止めを塗りましょう。

そうすることで日焼け止めがが落ちにくくなります。

2.塗り直しが必要!

朝日焼け止めを塗って満足している方!要注意です。

もっとも重要なのは塗り直しです。

日焼け止めは、汗で流れます。特にマレーシアのような環境ではなおさらです、

2、3時間おきに塗り直しがベストでしょう

特に頬の高い部分が日差しが集まりやすいので入念に日焼け止めを塗ってください

「SPF20」?「SPF50」

日常生活で少し外へお出かけするくらいならば、「SPF20」、「PA++」で十分紫外線から肌を守れるでしょう。しかしレジャー 海、プール、テニスなどのアウトドアスポーツならば「SPF50」かつ「PA++++」でお肌をブロックしてあげてください。

お肌が弱い方や敏感肌の方は、強めの日焼け止めには十分な注意が必要です

2019年人気の日焼け止めはこれ

2019年人気が高い日焼け止めをご紹介します

1位 アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

資生堂独自の汗や水に触れると紫外線をブロックする膜が強くなるという革新的な「アクアブースターEX技術」を搭載し、国内最高防御力を実現した製品がさらに2018年パワーアップ。高いUV防御効果とともに50%スキンケア成分配合で肌への美肌効果を進化させて登場。今の肌へのやさしさも備えて未来の肌も守る、まさに“ビューティサンケア”。

2位Biore UV Athlizm スキンプロテクトエッセンス / SPF50 / PA++++ /

マレーシア在住の方におすすめな日焼け止めこちら

40℃プラス湿度75%の過酷な環境にも耐える日焼け止めです!!
高温多湿環境で落ちないなんて!!

汗や擦れにも強いこれは子供たちのお外遊びの際にも使えそうですね

肌の乾燥を防ぐヒアルロン酸・ローヤルゼリーエキス・BG配合(保湿成分)。

◆SPF50+/PA++++
◆スーパーウォータープルーフ(80分間の耐水試験で確認済み)
◆せっけんで落ちる
◆化粧下地にも使える
◆ホワイトフローラルの香り(天然香料配合)
◆にきびになりにくい処方(ノンコメドジェニックテスト済み*3)
*1 高温多湿環境(40℃、湿度75%)
*2 ビオレUVシリーズ内における、UVカット効果(SPF50+ PA++++)

3位 スポーツビューティ

ジェルタイプの軽実のある質感が人気が高いようだ。

塗った感じがなく心地よく一日過ごせるそんな日焼け止め、

塗った瞬間から肌にみずみずしい質感が続き潤いたっぷり。乾燥肌の方にお勧めの日焼け止め

肌になじませるとサラサラとした感触に変化し、長時間キープ。さらに、ジェルタイプは耐こすれ性も。SPF50+・PA++++

4位 無添加 スキンピースファミリー UVジェル

5位 サンキラー パーフェクトストロングZ

Language »