母子留学・教育移住に必要な事下調べが命!!マレーシア情報収集エージェントに頼るな…

ここ数年テレビの影響もあってかマレーシアでの日本人の「母子留学・教育移住」がブームとなっています。母子留学とは、子供に幼少期から「グローバル教育」をさせるために父親を母国に残して母親と子どものみ海外に住み、現地の学校(インターナショナルスクール)に通わせることだ。この動きは日本に限らず韓国・中国人においても

母子留学を選択する親子を沢山目にします。

 

こちらはとある方が悪質エージェントにあったとのツイッターを発見

母子留学が増え、それに伴って悪質なエージェントに騙されるケースも出てきてるようです。

高額なエージェント費用を支払ったものの、責任感がなくメールのレスポンスもなし!

もちろん海外で生活をスタートするにあたり学校関連や居住などエージェントの力が必要になる場合もあるでしょう。海外で母国語を話すエージェントに会ったらそりゃ心を許すだろうし、疑うことなどする人は少ないと思う。

こちらペナン島にもエージェントはおりますが、今のところ悪質なエージェントの噂は聞いたことがありません

が、

これは私が経験し思うことをかかせていただきます。

まずは、移住前に徹底的にご自分でリサーチすることをお勧めします。下調べがかなり重要になってきます。下調べは、移住を成功させるか失敗に終わらせるかの重要なプロセスと言えます

今は、昔とは違いSNSやマレーシア在住者のブログなど情報を集めようと思えば

可能です!!!

最初からエージェントに頼らず、ご自分でその一歩を踏み出してください。ある程度情報収集した上で、エージェントに相談するのと、知ら調べなしででエージェントを頼るのでは結果に違いが出ると思います。

海外で生活をすれば、たくさんの困難にぶち当たります。ご自分で乗り越えなければならない困難もたくさん出くわします。皆さん常にググってリサーチです!

例えば

突如運転する車が道で故障!!

修理屋さんに電話→レッカーしてもらう→修理

例えば

突然子供が夜中に高熱‥‥

夜中に病院に電話→グラブタクシーで子供と病院へ→(救急外来は通訳なし)入院の手続き

例えば

大家から筒所立ち退きを迫られた‥‥

などなど、

海外で生活をしていると気が付けば結構皆さんたくましくなります(笑)

昨年新設された某イギリスの学校P~インターナショナルスクール!!某エージェントさんがかなりオシテいた学校だ。

カリキュラムも施設も整っており文句なし!それでいて初年度人集めのため学費がかなり安く抑えられいるのも魅力の一つ。。。

英語のテストなしに入学が可能となれば、そりゃ誰だって魅力を感じるはずだ。

今その学校が右を見ても左を見ても日本人・韓国人がたっくさん在籍してるという。。。

しかし、韓国人の知人は、開校する前にそれを危惧していた

英語の実力テストがない!なんて 来ぺしたばかりのお子さんにとってはハードルが低い。

ということは、きっと日本人と韓国人が沢山入学すのでは????

来たばかりであれば必然的に英語力は乏しいだろうし、聞くと実際1クラス韓国人5人、日本人5人も! いる環境

英語力が乏しく、右も左もわからないお子さんにとってはクラスに日本人が5人もいれば仲良くしないわけがない。英語を学ぶ環境としては良いとは言えないっと・・・・。

インターナショナルスクール選びは本当に難しいと私も思います。

一人一人お子さんの性格によっても合う合わないはあるだろうし、いくら知人が

良い学校だよと勧められたところで自分のお子さんと学校との相性もある。

こちらは、我が子は移住前に学習していた子供専用のオンライン英会話です。

これを移住前の半年間続けていたところ、リスニング力がかなりアップしました。

良かったら体験でトライアルできますので、試してみてください。

先生の言ってることが全く分からずインターナショナルスクールをスタートするのと、

先生のことが何となくでもわかるのでは後々大きな差がでると思います。

オンライン英会話はこちら



子供専門オンライン英会話なので先生も子供の扱いになれています、

各メディアでも取り上げられている「読売新聞」・「アルク」

ワンレッスン最安値270円から受講が可能

無料体験レッスンが可能なので留学前に是非



ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »