移住ビザMM2Hが廃止?マレーシアの条件が厳しくなる?マハティール政権今後どうなる?

2018年11月現在、

MM2Hの申請承認が一時的にストップした

状態にあります。

それは、マハティール政権に代わって、

将来的にMM2Hの申請承認が難しくなるだろうと

現地ペナンの日本人の間でも噂になっています。

MM2Hはいずれ消滅するのでは、と私は思います。

マハティール氏が目指し志すところは、

マレーシア自体の

先進国入り。お隣のシンガポールはあれよあれよという

間に、発展途上国へと進化。

マハティール政権は、今やヨーロッパ諸国、

アジア人の老人の楽園ではないだ。

したがって、今テレビでもたまにマレーシア移住が

楽園だと放送されているが、

日本人もマレーシア移住のそんな幻想を捨てなきゃいけない

時がくるのだ。

マレーシアは日本人のため老人ホームではない。

マレーシアはマハティール政権に代わって

転換期。

日本人にとっての移住先に変化があるかも?

マレーシアは今後mm2hの条件が厳しくなる?

もしくは、mm2h自体が廃止ということも

あるかもしれない。

そうなると、老人の楽園は、タイやフィリピン

へシフトしていくこともあるだろうと私はおもます。

こちらは、海外へ行く際に持参してほしい

防犯グッズです。

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »