マレーシア移住・在住者教える・物価は安くない!クアラルンプールのスーパーで強盗事件発生2018年11月

マレーシアへの移住をお考えの方に

是非読んでいただきたいです。

テレビでマレーシア移住について放送され、

マレーシアは、

物価も安価、

治安もよい、

家賃も安い、

外食費が安い、

豪華なマンションでの生活!

なんてイメージをお持ちだろうと思います。

確かに日本に比べれば物価は安価です。

しかしながら、日本食での自炊の場合、

例えば味噌や醤油などは日本の2~3倍はします。

また、ローカル系スーパーマーケットには、

中国産野菜がほとんどです。中国産は激安です。

中国産野菜を避けたいとなると、オーガニック野菜

になります。すると日本で購入する野菜の価格と

さほど変わりません。

子供がいる我が家は、オーガニック野菜やモーニングマーケットで

のマレーシア産野菜を購入。

日本の値段と比べると少し2割安位でしょうか。

物価が安い、安いと言ってもこんな感じです。

東南アジア マレーシア・への移住を

お考えの方へ

実際このような事件も起きています。

首都 クアラルンプール近郊では、2018年11月

だけでも4・5件の強盗事件が発生しているのは

ご存知でしょうか?

こちらは2018年11月に発生したクアラルンプールの

スーパー内にある宝石ショップで発生した事件です。

もしこの日この場所で、

スーパーで買い物をしていたらと思うと本当に

恐ろしいですね。

スーパーの買い物客らが逃げ惑い大混乱に陥ったのだから・・・

首都のスーパー内宝飾店に武装強盗 銃撃戦で5人射殺 周辺は大混乱

首都クアラルンプールの幹線道路・クチャイラマ通り沿いで20日夕刻、大型スーパー内にある宝飾店に6人組の武装強盗団が押し入った。通報で駆け付けた警察部隊が逃走を図る6人のうち4人を銃撃戦の末に射殺し、1人を逮捕した。待機していた車両で逃走を図った残りの1人も駆け付けたパトカーとのカーチェイスの後に、スーパーから400メートルの地点で射殺された。この銃撃戦では、警察官1人が脚に被弾して重傷を負った。目撃者によると、銃撃戦は警察部隊と強盗の双方で数十発を撃ち合う激しいもので、その間、現場一帯はスーパーの買い物客らが逃げ惑い大混乱に陥ったという。強盗犯は全員が、ヘルメットを被り、警察官のものと類似した緑色のベストを着用していた。警察は、強盗が犯行に使用した拳銃2丁、パラン(山刀)1丁、斧1丁とメルセデス製などの車両2台を押収した。また、宝飾店から強奪された商品もすべて回収されたとしている。

旅行前に契約するべき格安Wi-Fi

マレーシア旅行前に読みたい! ホテルのセイフティボックスの危険性

マレーシアMM2Hビザ凍結について・・・

海外在住者が悩む 日本語学習についての解決策

マレーシアペナン島 インタビュー選び方

マレーシア 激安で帰国したい 格安航空券の取り方

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »