マレーシアの移住 MM2Hの条件が厳しくなる!不動産投資 VISA取得が難しい 格安移住海外・

今現在、マレーシア移住をお考えの方、

確実に言えるのは、急いでMM2Hを取得した

ほうがいいでしょう。

今現在2018年11月、MM2Hの申請は可能ですが、

政府の承認は停止したままです。

一度取得するとパスポートの残存期限にもよりますが、

最大約10年!!のビザがおります。

しかしながら、マハティール政権に代わってから

何やら風向きが変わりつつありますね。

きっと、きっと近い未来、条件が厳しくなることが

予測できます。

MM2Hマレーシア不動産の条件

MM2H所持者で、マレーシアじて不動産を購入する場合について

、政府内務省からの厳しい審査をまずクリアすること、

年齢が50歳以上という条件で、

300万リンギット(約9000万円)の手付金を支払わなければ

なりません。

外国人や非永住者を対象に、不動産売却利得税を今現在

の5%から10%へアップ、

売値総額が100万リンギットを超える不動産物件の

取引売買については印紙税を3%から4%へそれぞれ引き上げられること

が決定した。

マハティール新政権 外国人の不動産購入について

政府は、上記の条件を2019年度分から

適用させる方向で話がまとまった。

マハティール新政権の政策について、

外国人へのビザの発行は消極的、

不動産投資や移住について消極的、

従来のMM2H歓迎ムードから

一転 した動きとなりそうだ。

これは、転換と言えるだろう

従って、今現在MM2H取得に迷っている方、

早めに行動を起こしてください。

数年後には、より厳しい条件になることは

確かです。

マレーシアMM2Hビザ凍結について・・・

海外在住者が悩む 日本語学習についての解決策

マレーシアペナン島 インタビュー選び方

マレーシア 激安で帰国したい 格安航空券の取り方

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »