日本人母子留学・誘拐未遂事件・犯人は実は意外な人物だった! クアラルンプール・ペナンの治安

クアラルンプールにて

日本人母子留学のお子さんが誘拐未遂事件が

発生! !

犯人の素性が明らかになった。

誘拐未遂事件、犯人が捕まりました。。

実は、なんとこの母子留学親子のコンドミニアム

のお向かいに住む若い男性が犯人であった!

同棲相手の女性も共犯、二人は行動は、

計画的な犯行だったようだ。

お金がなくて家賃も滞納してたとのことです。

どれだけ、コンドミニアムのセキュリティがしっかり

し、万全だったとしても100パーセントということはない。

どんだけ対策しても目の前の住人が犯人だったら、

もうどうすればよいのか・・・

気を付けようがありませんね。。。

予算が許すのであれば、

家賃は高めのコンドミニアムを選択するに

越したことはないのかもしれません。

クアラルンプール近郊は、やはり治安がとても心配です。

以前から子供誘拐事件は頻繁に発生しております。

道端に子供を歩かせるな!

バイク運転手に連れ去れれるからである。

ここペナンでも物騒な事件や強盗はたまに発生しますが、

誘拐事件は今のところ多くは耳にしません。

ここは日本ではありません。安全なところなど存在しない!

しかし、マレーシアの中ではペナン島は比較的

治安は安定してるように思います。

母子留学でマレーシアの・ペナン島を選択される親子も

多く見かけます。

事件は

2018年11月13日午後4時10分に起こりました。

たまたま私の両親が2週間程ステイしていました。

娘を迎えに行ってから、
4人でエレベーターで上がると、うちの部屋は角部屋で行き止まりがあり、そこには緊急時の非常階段があります。廊下にはカメラはありません。
そこから男が出てきました。
サングラス【ティアドロップタイプ】
大きな白いマスク
フードのあるパーカー【黒】
ズボンも黒の身長165センチくらいの
中国人かな?と思う男が出てきて、ゆっくり
私達に向かってきました。
掃除の方かな?と思い、挨拶をすると
娘【6歳】をガバっと肩を掴んで、刃物を突き出しました。
私は大声を出して彼と娘を離そうとし、
少し後からきた私のお父さん【76歳】が
買い物した袋を振り回し立ち向かいました。
母も持っていたモノを投げ、子供が離れ、私と娘は他の部屋に助けを求めて、大声でHELPと叫びました。
犯人と父の格闘は続き、
父は近くにあった靴箱
買い物袋のフランスパンを振り回し、
犯人は非常階段で逃げて行きました。
誰にも怪我はありません。
電話をしてやっと2分後
セキュリティの方が着ました。

誘拐未遂事件の詳細はこちらの方のブログを

見てください

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »