マレーシア・ペナン島 強盗事件発砲後 犯人3人死亡 治安は?タンジョンブンガエリア

私が、ペナン島に移住して数年経ちます。

私が、マレーシア移住を考えたのは、2015年頃だろうか。

そこ頃東南アジア移住を考えていた私はセミナーに参加、

そこで、マレーシアを勧められてペナン島に決めました、

その時、エージェントの方が口々に言っていたのは、

ペナン島はマレーシアの中でも住みやすく、治安も

比較的良いという点であった。

マレーシア・クアラルンプールに比べると確かに、子供

の誘拐や強盗も少ないだろう。

しかし、ペナン島は治安が良いとはいえ、やはり

こちらは日本ではないのです!

夜道を歩けば、ひったくりにあう率は日本より高まりますし、

車を運転中、助手性に貴重品の入ったバッグを置くと、

信号待ちの際にバイク強盗に窓を割られて

バッグを取られるということも私は何度か聞いています。

ここ最近ペナンでも怖い事件が発生しました。

コチラのニュースは2018年11月中旬のニュースだったと思います。

ペナン島タンジョンブンガエリア~

タンジョンブンガエリアと言えば、リゾートホテルも立ち並び

ペナンでも治安が良いとされているエリアです。

事件が起こったのはパールヒルpearl hillという高級住宅地

です

丘の上に豪邸が立ち並ぶ立派なお城のような家がずらーりあるエリアです。

そこで事件が起こった。

マレーシア(公開情報):2018年11月

ペナン島市ジョージタウン 山刀で武装した窃盗犯3人を射殺

北部ペナン州の州都ペナン島市の中心部ジョージタウン地区で10日未明、民家に侵入しようとした男3人が捜査員に射殺される、侵入窃盗未遂事件が発生した。同州警察刑事部の捜査員らは、同地区タンジョンブンガの住宅地に在住する女性から「泥棒が自宅内に入り込もうとしている」との通報を受け現地に急行。窃盗犯3人は捜査員らの姿をみると、同宅の近くにある森林地帯の中に逃走したが、捜査員らが追跡して来るのを見ると、いきなり向き直り、所持していたパラン(山刀)を振りかざし捜査員らに突進してきたという。捜査員らは止む無く3人に向け発砲し、3人とも被弾してその場で死亡した。警察は現場検証でパラン3丁を押収した。刑事部の発表によると、死亡した3人は全員外国人とみられるが身元はわかっていない。同部では、3人は最近、同島の東部海岸地域で続発した、少なくとも8件の窃盗事件に関与したとみて捜査している。

捜査員らは止む無く3人に向け発砲し、

3人とも被弾してその場で死亡した。

警察に立ち向かってきたわけですから、そりゃ発砲

するのも分かります。が、、

恐ろしいです。

日本では、警察が発砲するという事件はめったに起きないせいか

本当に背筋が怒るような怖い事件だなあと、思いました。

マレーシア旅行に絶対必要なものリスト

ペナン島 ジョージタウン おすすめホテル

移住出国前英語力を伸ばすためにすること

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »