マレーシアペナン島 放射能避難・学生ビザの取得 東日本大震災・堕胎の妊娠多数

2011年3月11日に起きた、東日本大地震と

福島で起きた原発事故は。

日本に大きな変動を与えた。

政府は現在も何事もなかったように振舞っていますが。

特に東日本に住む大半の人々の人生に、大きく

影響を与えて。

東北地方在住者だけではなく、関東・関西在住者も

放射能汚染を恐れ、海外・異国で暮らすという選択を

した人もたくさんいます。

日本が嫌いなわけではない、

日本が大好きだ。

しかしながら、子供を放射能から守るため

日本を離れなければならない。

そうやって外国へ移住する親子は数多くいます。

しかしながら、異国での生活、言葉の壁、文化の違いから

なじめないという方も多くいるのも現実

ペナン島放射能避難・ビザの取得

なぜ多いマレーシア?

放射能避難先としてマレーシアを選ぶ人は多い。

その理由は、経済的な面、ビザの面です。

もしお子さんが6歳以上でしたら、インターナショナルスクール

へ通った場合、

子供は、学生ビザ、

母親は、ガーディアンビザを簡単に取得できる。

しかしご両親二人つまり3人家族の場合は、

子供一人につき…ガーディアンビザ母親とした場合一人取得できる。

したがって、

父親は取得することができないのだ。

4人家族の場合、

子供二人ともが6歳以上、インターナショナルスクールへ

入学。

そうした場合、父親、母親ともガーディアンビザを取得することができる。

6歳以下のお子さんがいる場合は、現在では、

学生ビザの発行ができないため、MM2Hビザの取得が

必要です。MM2Hは金銭面での条件もあり、

準備・取得まで6か月から1年はかかります。

マレーシア政府の外国人ビザの発行について、

驚くほど条件がコロコロ変わります。

エージェントかマレーシア政府に確認する必要がございます。

ペナン島・エージェントの選び方

マレーシアへの引っ越しの際、やはりエージェントの力を

借りて移住される方が多いと思います。

しかし、在住者私の経験から言って、日本語が話せる

エージェントを100%信用してはいけません!

例えば、相場より高い値段で賃貸物件を紹介。(在住者

ならば、大体の相場はわかりますが・・)

など周りの日本人の方でそのような経験をされている

移住者を多数見ております。

東日本大震災・奇形児を妊娠

このYOUTUBEの動画では、

2017年に妊娠した福島県在住の女性が、

腕が数本、足も複数本ある赤ちゃんを妊娠。

残念ながらこちらの福島県在住の妊婦さんは、堕胎することを

決断したという。

しかしながら、このようなケースはまれではない。

この女性を含めて3人が2017年同じようなケースで堕胎をする

決断をしたとのこと

ブログランキング参加中です
ブログランキングに参加しております。
↓↓ちょっと面白かったら、クリックお願いします。励みになります。

シェアする

フォローする

Language »